Fukuyama Masaharu - 石塊のプライド / Ishikureno Pride (돌덩이의 프라이드)

月明けりの下で
つきあかりのしたで
(쯔키아카리노시타데)
밝은 달빛 아래에서

立たされてるような街灯
たたされてるようながいどう
(타타사레테루요-나카이도-)
세워져 있는 가로등

その下を俺は歩いてる
そのしたをおれはあるいてる
(소노시타오오레와아루이테루)
그 밑을 나는 걷고 있어

自分の影を抜き抜かれて
じぶんのけがをぬきぬかれて
(지분노카게오누키누카레테)
자신의 그림자를 벗어나


時折走り去って行く
ときおりはしりさっていく
(토키오리하시리삿테쿠)
때때로 달려가는

夜の静寂を行く車は
よるのせいじゃくをゆくくるまは
(요루노세-쟈쿠오유쿠쿠루마와)
밤의 정적을 지나가는 차는

懐かしい声にも聞こえ
なつかしいこえにもきこえ
(나쯔카시이코에니모키코에)
그리운 소리로도 들려

あなたの泣き声にも聞こえ
あなたのなきごえにもきこえ
(아나타노나키고에니모키코에)
당신의 울음소리로도 들려


不思議な色で俺を浸す
ふしぎないろでおれをひたす
(후시기나이로데오레오히타스)
이상한 색으로 나를 물들여

それはまるで昨日のことのように
それはまるできのうのことのように
(소레와마루데키노우노코토노요-니)
그것은 마치 어제 일 처럼

そして遠い遠い昔の事のように
そしてとおいとおいむかしのことのように
(소시떼토오이토오이므까시노코토노요-니)
그리고 멀고 먼 옛날 일 처럼

点減し俺を叱り力をくれる
てんへしおれをしかりちからをくれる
(텡헤시오레오시카리치카라오쿠레루)
지워버리는 나를 꾸짖어 힘을 줘


初めてこの道を
はじめてこのみちを
(하지메테코노미치오)
처음으로 이 길을

歩いた時は胸踊り
あるいたときはむねおどり
(아루이타토키와무네오도리)
걸었던 때는 가슴이 뛰어

すべてが始まる気がして
すべてがはじまるきがして
(스베떼가하지마루키가시테)
모든것이 시작될 것 같아

やっと始まる気がして
やっとはじまるきがして
(얏토하지마루키가시테)
겨우 시작될 것 같아

だけどそれは青い自惚れ
だけどそれはあおいうぬぼれ
(다케도소레와아오이우누보레)
하지만 그것은 푸른 자만심

蹴躓いて叩きつけられ
けつまずいてたたきつけられ
(케쯔마즈이테타타키쯔케라레)
걸려 넘어지고 부딪혀

思い知らされ自棄になってそれでもまだ
おもいしらされやけになってそれでもまだ
(오모이시라사레야케니낫떼소레데모마다)
깨닫게 되고 자포자기 하게 되어 그런데도 아직

この道を歩いたのは石塊のプライド
このみちをあるいたのはいしくれのぷらいど
(코노미치오아루이타노와이시쿠레노프라이도)
이 길을 걸은 것은 돌맹이의 프라이드


石塊のプライドさ
いしくれのぷらいどさ
(이시쿠레노프라이도사)
돌맹이의 프라이드야





月明けりの下を
つきあかりのしたを
(쯔키아카리노시타오)
밝은 달빛 아래를

夜の静寂を行く車は
よるのせいじゃくをゆくくるまは
(요루노세이쟈쿠오유쿠쿠루마와)
밤의 정적을 지나가는 차는

懐かしい声にも聞こえ
なつかしいこえにもきこえ
(나츠카시이코에니모키코에)
그리운 소리로도 들려

あなたの叱咤にも聞こえ
あなたのしったにもきこえ
(아나타노싯타니모키코에)
당신의 질타로도 들려

不思議な色で俺を浸す
ふしぎないろでおれをひたす
(후시기나이로데오레오히타스)
이상한 색으로 나를 물들여

それはまるで昨日のことのように
それはまるできのうのことのように
(소레와마루데키노우노코토노요-니)
그것은 마치 어제 일 처럼

そして遠い遠い昔の あの頃のように
そしてとおいとおいむかしの あのころのように
(소시떼토오이토오이무까시노 아노코로노요-니)
그리고 멀고 먼 옛날의 그 때 처럼

眩しい明日を俺にくれるのさ
まぶしいあしたをおれにくれるのさ
(마부시이아시타오오레니쿠레루노사)
눈부신 내일을 나에게 줘


くれるのさ
くれるのさ
(쿠레루노사)
나에게 줘


力を
ちからを
(치카라오)
힘을


くれるのさ
くれるのさ
(쿠레루노사)
나에게 줘


明日を
あしたを
(아시타오)
내일을