Fukuyama Masaharu - ひまわり / Himawari (해바라기) (임정희 `해바라기` 원곡)

夢を見ていましたあなたと暮らした夏
(유메오미테이마시타아나타토쿠라시타나츠)
꿈을꾸고있었죠그대와함께살던여름

それはかけがえのない永遠の季節のこと
(소레와카케가에노나이에이엔노키세츠노코토)
그것은둘도없이소중한영원한계절의일

まっすぐに伸びてゆく
(맛스구니노비테유쿠)
똑바로뻗어가는

ひまわりのような人でした
(히마와리노요-나히토데시타)
해바라기와같은사람이었어요

黃昏に頰染めてひざ枕
(타소가레니호호소메테히자마쿠라)
황혼에뺨을물들이며무릎베개를

薰る風風鈴は子守歌
(카오루카제후-린와코모리우타)
향기나는바람그것은자장가

いつだっていつだって
(이츠닷테이츠닷테)
언제라도언제라도

あなたがそばにいてくれるだけで
(아나타가소바니이테쿠레루다케데)
그대가곁에있어주는것만으로

それでよかった
(소레데요캇타)
그것으로좋았죠

ふたり乘り遲れたあのバスは走ってますか
(후타리노리오쿠레타아노바스와하싯테마스카)
두사람이늦어타지못한저버스는달리고있나요

ふたりずっと步いたあの海はそのままですか
(후타리즛토아루이타아노우미와소노마마데스카)
두사람계속걷던저바다는그대로인가요

儚げに戱れる
(하카나게니타와무레루)
덧없이장난을치고있어요

螢火のような日日でした
(호타루비노요-나히비데시타)
반딧불과같이꺼지지않는날들이었죠

夕涼み肩寄せて宵祭り
(유-스즈미카타요세테요이마츠리)
저녁무렵등을맞대고전야제

洗い髮濡れたまま氷菓子
(아라이카미누레타마마코오리가시)
감은머리젖은채로얼음과자가되고

嬉しくて嬉しくて
(우레시쿠테우레시쿠테)
기뻐서너무나기뻐서

なんどもあなたの名前呼んだ
(난도모아나타노나마에욘다)
몇번이고그대의이름을불렀죠

それがうれしくて…
(소레가우레시쿠테…)
그것이기뻐서…

黃昏に頰染めてひざ枕
(타소가레니호호소메테히자마쿠라)
황혼에뺨을물들이며무릎베개를

夕涼み肩寄せて宵祭り
(유-스즈미카타요세테요이마츠리)
저녁무렵등을맞대고전야제

いつだっていつだって
(이츠닷테이츠닷테)
언제라도언제라도

あなたがそばにいてくれるだけで
(아나타가소바니이테쿠레루다케데)
그대가곁에있어주는것만으로

本當によかった
(혼토-니요캇타)
정말로좋았어요

夢を見ていましたあなたと暮らした夏
(유메오미테이마시타아나타토쿠라시타나츠)
꿈을꾸고있었죠그대와함께살던여름

ふたりのあの夏のように
(후타리노아노나츠노요-니)
두사람의그여름처럼

ひまわりが今さきました
(히마와리가이마사키마시타)
해바라기가지금피었습니다
임정희-해바라기

원곡: 후꾸야마마사하루-해바라기 달콤한 꿈을 꾸고 있죠 그 해 여름 그대와 내 모습 무엇도 대신할 수 없는 행복했었던 계절의 순간들 한결같이.....